森のようちえん くりくり

~ 自然の中での暮らしを通して ありのままに のびのびと 子どもたちが豊かに育ちあう場所 ~

森のようちえん とは

もともとは、1950年代にデンマークの母親が「園舎を持たず、幼児を毎日森に連れて行く幼稚園」を始めたのがきっかけです。それが、ドイツをはじめ主に北欧を中心に広がり、今では日本各地でも開園しています。


日本の森のようちえんの形態は様々ですが、園舎を持たない園も多くあります。既製品の玩具、遊具などはなく、自然と触れ合いながら子どもが自由に遊べることを大切にしています。
くりくりにも園舎と呼べる大きな建物はありません。小屋や東屋はありますが、基本的には森の中で活動します。


その時その子が主体的にやっていることは、今その子の成長に必要なことだと考え、子ども自ら成長できるよう配慮しつつ、「信じて見守る」のが森のようちえんの大人の役割です。

くりくりが大切にしていること


・ 子どもの力を信じて待つ

子どもたちのありのままの姿を受け入れ、すべての子が持つ育ちの芽を信じて、子ども自身の力で、できる瞬間を待ちます。

・ 自然の中でのびのびと

「すべてが遊び、すべてが学び」その考えのもと、四季折々の自然の中で、五感を使って直接的な体験をします。制限の少ない空間と時間の中で、おもいっきり遊びます。

・ くらしをつくる

「自然は大切」というものの、自然に対する畏敬の念は、自分の生活と自然がつながっているという実感なくしては生まれません。私たちが生きていくためになくてはならない  森、水、大地、空気、そして 火と戯れることで生きる力を育むとともに、自然とのつながりを全身全霊で感じてもらいたいです。




いのちもり
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!